"土佐文化・史跡"の記事一覧

イラスト 070819

路地酒「座くろ」 結婚式の3次会後に、妹と合流。 東京から来た友達と、3人で飲んでいた。 うちの妹はしらふだったので、「おにい、飲みすぎ」と冷酒の小瓶にキャップをつけられ、回収される。(→ちゃっかりもって帰る) トイレに入って、見つけたイラスト。 にやり。 土佐は愛嬌。 マンガ王国!

続きを読むread more

布師田 岡村十兵衛・一木権兵衛

布師田の現場近くで発見。 先ほど調べてみる。 岡村十兵衛先生  岡村十兵衛は高知市布師田の人で天和元年(1681)二月に羽根浦へ分一役として赴任してきた。  当時、寛文・宝永と毎年台風や洪水、かんばつに見舞われ、苦しい生活であったので藩の御蔵米の払い下げを受け困窮者を救った。後、この支払いに苦しんだが、黒みの御留山の…

続きを読むread more

土佐学年報1

土佐学年報1 たまるか! 土佐が はみかえる 編集・発行 土佐学協会 http://tosagaku.cocolog-nifty.com/report/ 目次 創刊の辞 土佐学への期待 研究会の報告 資料:活動の歩み (2007.01.07アップ)

続きを読むread more

土佐山田 「百石」由来(予岳寺)

昨日の高知新聞夕刊に以下の記事を見つけたのでご紹介。 土佐地名往来 184 百石 予岳寺とのゆかり 高知新聞のこのシリーズは楽しみに読んでいる。 地域新聞としての面目躍如であり、後世にも残せる仕事であると思う。 さて予岳寺は、うちの菩提寺であり、一昨年には本殿を新築し、うちが屋根工事をさせて頂いた。 …

続きを読むread more

元兵士と竹富島民今も交流

高知新聞朝刊 2006年09月29日 「元兵士と竹富島民今も交流」 いの町に70人集う 助け合った仲 家族に継承 うつぐみ(=助け合い)の心、今も・・・。太平洋戦争末期、沖縄県竹富島の守備に当たった「独立歩兵301大隊第一中隊」の元隊員と島民らの交流が、戦後六十年を過ぎても続いている。関係者でつくる「沖縄・高知・東京…

続きを読むread more

朝倉城跡

高知大の近くです。 本山氏は、長宗我部氏に滅ぼされるまで、有力な豪族として存在。 昔の嶺北地方は豊かだったのだと思う。 (2006.09.04アップ)

続きを読むread more