2006年06月04日

[fuse:1447] 第3回黒潮圏海洋科学研究科シンポジウム

第3回黒潮圏海洋科学研究科シンポジウム

http://www.ckkc.kochi-u.ac.jp/~ckkc0001/event/060610.pdf

▽テーマ:地球環境と人類の共生(明るい未来を創成するために)
▽主催:国立大学法人 高知大学 大学院 黒潮圏海洋科学研究科

▽日時:平成18年6月10日(土曜日)    
▽開催場所:高知県福祉交流プラザ(http://www.fukushi-plaza.jp/



▽趣旨:
これまでに人類が築いてきた科学技術は、我々の生活をより便利で安全・安心なものに間違いなくしてきた。しかし、この科学技術が持続可能であるかと考えると甚だ疑問である。   
本シンポジウムでは我々人類が未来に向けて持続可能な社会を創生する為に、現在、地球レベルでどのような取り組みが行われているのか? また、我々人類の明るい未来に必要な科学技術とはどのようなものであるべきかについて、さらに思考を深めるべく、ここに第3回黒潮圏シンポジウムを開催したい。

▽プログラム
13:00 開 場

13:30 開会挨拶: 国立大学法人 高知大学長 相良 祐輔

   主催挨拶: 黒潮圏海洋科学研究科初代科長 深見 公雄

13:50-14:20 特別講演 「持続可能な発展に向けた世界の取り組み」
           環境省 水・大気環境局 局長  竹本 和彦
 
14:20-15:00 基調講演(1)
        「地球環境の将来と科学技術に期待される役割-温暖化防止に挑む科学」
           国立環境研究所 理事 西岡 秀三

15:00-15:15 休 憩

15:15-15:45  基調講演(2)
        「地球環境のために、今、私たちは何をすべきか?」
           高知大学大学院 黒潮圏海洋科学研究科教授 高橋 正征

15:45-16:15  基調講演(3)
        「循環型社会に向けた高知県の取組み」
           高知県 政策推進課長 山中 寛 

16:15-17:15  総合討論
      「地球環境と人類が共生するために今後必要な取組みについて」
         コーディネーター 
           黒潮圏海洋科学研究科 初代科長 深見公雄
         パネラー 
           環境省 水大気環境局 局長 竹本和彦
           国立環境研究所 理事 西岡秀三
           高知大学大学院黒潮圏海洋科学研究科教授 高橋正征
           高知県政策推進課長(前循環型社会推進課長)山中 寛

17:15-17:20  閉会挨拶: 黒潮圏海洋科学研究科 研究科長 高橋 正征

スポンサードリンク



posted by 依光晃一郎 at 11:05 | 高知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | FUSE ML | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。