2015年09月24日

2015.09.24 大学生の苦悩

雨の1日。雨の日は瓦屋の現場がないのでゆったり。

そんな中、早朝にお電話を頂く。
頼まれていた案件について、その後どうなったかという内容。

議員の仕事というのは、仕事の範囲について決まった枠がないため、「私の仕事ではありません」というようなことはほとんど言えない。

また案件としては、ご相談者だけではなく関係者にヒアリングをしてみないと判断できず、解決の方針も立てられないというような、すこしややこしいものが多い。

今日の案件は、どちらかというとすぐに対応できるものだったのだけど、雑務に紛れて後回しにしていたもの。「お時間をください」と言ってから2週間手を付けられず。反省。

今日中に解決するよう、本日の予定をやりくり。

ご相談は色々な方々から頂いており、自分の中で優先順位を立てて(重要度と緊急度)、取り組んではいるのだけど力量不足で常にいくつか抱えている状態。

常にストレスを抱えている感じ。

さて昨日の記事で、大学生の自殺に関する記事が高知新聞に出ていた。


大学生の自殺ということでは、議員になる前のことだけど、親しくしていた大学生がなんの前触れもなく自殺してしまうという経験をした。

今でも相談に乗ってあげられなかったことが気にかかっている。

その大学生は、自分の名刺を作っていて、地域活動にも積極的に関わっていた。

元気で社交的に見えていても、実は問題を抱えている大学生は結構いるのかもと思う。

携帯メールでのコミュニケーションなど、昔と違って人間関係が難しいのかもしれない。

また人生の成功の道筋なるものが、見えにくい社会であることも原因かも。
(会社に入れば、一生安泰というような道筋)

人それぞれの幸せの形があって、人と比べることのない、自分で自分のことを誇れるような生き方を、誰もができたらいいのだと思うけど。

ネット社会は、人と比べることが簡単になった社会で、人知れず劣等感を持ちやすくて、悩んでしまうということがあるのだとしたら、少し不真面目になって、学校さぼって、朝からひろめ市場で飲んでいる、よっぱらいのおんちゃんと話をしてもらいたいと思う。

色々な生き方があって、それぞれの人に哲学があるのがわかる。
自分は、朝から酒を飲んで酔っ払っているおんちゃんに、どこか憧れている。
(注:楽しそうに飲んでいるおんちゃんにですよ!)

海外を放浪してみるのもいいかもね。

posted by 依光晃一郎 at 12:00 | 高知 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

2015.09.23

9月13日以来、ブログが止まっていた。
原因は、金沢から帰ってきたあたりで、気が抜けて少し体調不良があったのと、読書熱が急に降りてきて、読書に時間を使ったから。

半沢直樹シリーズを4冊読み終え、土曜に新大阪駅で見つけた吉川英治の三国志を読み始める。


昨日、山田の金高堂書店に三国志の3巻目を買いに行ったらなかったため、話題の「永続敗戦論」を買って読み終える。


読書の秋。

以下、備忘のため14日以降の動き。

14日
午後、山田で陳情を受ける。
夕方、刃物祭り実行委員会。


15日
バックオフィス業務。
国勢調査をインターネットで。

16日
午前、9月議会の議案説明
午後、教育行政に関する勉強会・河川行政に関する勉強会・懇親会


17日
午前、フードランド2015視察


18日
シェア金沢・社会福祉法人佛子園 視察



19日
えびす昭和横丁

20日
午前、消防訓練
午後、お妻様の妹御が、わが家へ。

21日
午前、義理の妹夫婦と久礼へ。

22日
バックオフィス業務。

自由な時間が多くて、色々なことを片づけているシルバーウィーク。

さて最終日。
9時から消防の訓練に行って、バックオフィス業務を効率的にやりたいと思う。

posted by 依光晃一郎 at 08:37 | 高知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

2015.09.13 消防操法訓練@消防学校

朝7時に消防屯所に集合で、伊野の消防学校へ。

今年の高知県消防操法大会は、楠目消防分団が担当で、その事前練習のため。


消防署は県ではなく市町村それぞれに設置されているのだけど、各市町村に採用された新卒消防署員を訓練するための組織が消防学校。同時に、消防団の訓練も行われている。
こちら

自分は、議員に上げて頂く前から消防団に入っているのだけど、所属の楠目分団が操法の担当になるのは初めて。本来であれば、選手にならないといけないのだろうけど、議員ということで免除。お手伝いのみ。



自分たちの前に、春野の分団がやっていたのだけど、圧倒される。
高知県は、全国的にも強くて、「高知県 消防操法」で検索してみると、上位入賞が出てくる。

全国消防操法大会での戦績はこちら。
第24回(2014年)、仁淀川町消防団 ポンプ車の部 優良賞
第23回(2012年)、本山町消防団 小型ポンプの部 準優勝

HPで調べると、消防に関する通販サイトに上記の内容が掲載されていた。以下ご参考。
全国消防操法大会

全国消防操法大会とは?

地域防災力の要として住民から厚い信頼を得ている各都道府県の消防団員の代表が一堂に会し、消防の基本となる「消防操法」の技術を競うべく2年に一度開催される伝統ある大会です。

消防操法大会の見どころは?
@まっすぐに伸びるホース
一本長さ20m、重さ7kgのホースをチームで協力しながら火点(標的)に向かって3本つなげて、放水します。伸ばしたホースがねじれていたりすると水が出づらくなるため十分な消火活動ができません。迅速に動きながらまっすぐきれいにそして正確にホースを伸ばします。
A正確な放水
勢いよく放水される水の力に負けないようにしっかりと筒先を持ち、10m先の火点(標的)を正確に捉えます。どれだけ早く火点(標的)を倒すことができるかがポイントです。火点が倒れた時は大きな拍手がおこります。
B徹底した確認作業
災害現場ではどんな危険が潜んでいるかわかりません。自分の安全、周りの安全を常に意識した徹底した確認作業も見どころです。

順位はどうやって決まるの?
消防操法大会の順位は、次の3つの審査の合計得点により決まります。
総合審査 行動審査 計時審査


消防団の活動は市町村ごとにそれぞれのやり方があって、伝統ある地域では、数か月前(1年前?)から、毎日のように練習している。団員のご家族が、一致協力して炊き出しをしながらやっているところもあるという。

ちなみにうちの分団は、週3回の練習で、6月半ばから開始。本番は10月11日。
毎回、香美市消防署の署員の皆さんにご指導いただいています。
自分は、平日の訓練は参加できず、日曜の訓練が数回だけ・・・。(罪悪感)

移住者の会で、「移住してから消防団に入った方のだが、操法の訓練に参加できずに、屯所の前を通る度に罪悪感を感じる」というような話を聞いたこともある。

操法という行事は、消防団にとってとても大事な行事であり、消防団員の誇りともなっている。

一方で、操法のことは、あまり世の中には知られていないのではと思う。

地域の安全・安心の要である消防団活動を知ってもらいたいという思いから、操法の動画を見つけたので、貼り付けておきます。操法を頑張っている方を見つけたら、是非応援してあげてください!

仁淀川町消防団


本山町消防団


posted by 依光晃一郎 at 18:34 | 高知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする