2010年09月30日

2010.09.30


梅原さんのお会いすることが決まってから、山田で買い求める。
高いと思って躊躇があったけど、読んで見てずっとそばに置いておきたい一冊です。
地域活性を志す若者のバイブルとして。

念願の梅原さんとお会いする。

高知大学の坂本先生の段取りだったのだけど、うちの母親のいとこが東京で人材系の会社をやっていて、そのおんちゃんが坂本さんと友達で、おんちゃんが坂本さんに頼んで、梅原さんとセッティングしてもらったというややこしい話。

簡単に言うと、親戚のおんちゃんが、坂本さんを通じて梅原さんと飲み会をやるというので、便乗したわけ。

場所は、「割烹旅館 けまり」
高知駅とかで看板はよく見ていたのだけど、初めて敷居をまたぐ。

自分をのけた3人は、同世代で音楽やヨーロッパの話で盛り上がっている。
特にスペインの話をたくさんしていた。

ヨーロッパには行ったことないけど、行ってみたい気持ちになる。
坂本さんとおじも芸術家肌なので、なんだか目の前にヨーロッパの街並みが見えるようだった。

時間が経つにしたがい、だんだん無礼講気味に。

なぜか仲居さんの段取りで、べろべろの神様をやる。
天狗の杯には、ローカルルールがあり、びっくり♪


さて、一つ梅原さんから教えてもらった土佐弁の話。

高知では人が亡くなると、「みてた」というのだけど、漢字は「満てた」をあてるのだという。

死ぬではなく、人生を満たす。

人それぞれに、決まった寿命があり、終わりではなく、完成なのだと。

土佐文化の奥深さと、梅原さんの現代社会とは違った(対抗する)価値観への眼差しに、感銘を受けた楽しい夜でした。

あ、坂本さん企画で、梅原さんも登場します。
ぜひぜひ

全国生涯学習フォーラム高知大会
http://lls-kochi-2010.pref.kochi.lg.jp/theme_kankyo.html

過去記事参照 梅原さんの話

(2010.10.09アップ)


posted by 依光晃一郎 at 00:00 | 高知 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

初太陽光パネル

太陽光発電設置業者からお話を頂き、お手伝い。



販売会社→設置会社→瓦に関する作業がうちという孫請けで。

初のことなので、見積もりもできず、段取りもわからず。
販売会社の方と友人ということもあり、工事代金は後日話し合いでと。

金具がなぜか分厚い板状のもので、瓦の裏面をぐりぐり削る。
同業者からは、割に合わんと脅かされる。



少し浮いているのが分かると思うけど、これでも相当削っていて、設置会社の職人さんからはすごいですねと言われる。
(瓦屋の視点では、少し隙間があるほうが水が抜けるので良い。昔の瓦はねじれていて、きちんとくっつかないのが普通で、瓦の良さでもあった)

見えなくなるのにね。。。

経営者の目で見れば、孫請けということもあり、どれだけいい仕事をしたとしても、金銭的な見返りはない。

手を抜く=作業効率が上がる=人件費が減る=儲けが出る。
最近よく聞く話。

経営者視点で合理性を追求すれば、手抜き工事がまかり通ることになる。
不具合が出るのは、何十年か後。
自分が罪に問われる可能性は小さい。

親父(社長)もそうだけど、自分も、職人が仕事にこだわれるよう、あれこれ口は出さない。
品質は、社長ではなく、現場の職人が保障するものだから。

昨今の風潮は、行政の性悪説に立った規制ともあいまって、職人をただの作業員におとしめている。
いいものを作りたいというのは、職人の本能。

自分も含め経営者は、職人の気持ちを大切にしながら、仕事の質をお客さんに説明し、高く買ってもらって、給与として職人に還元する努力をせべばならない。

いい仕事が後あと残って、代々語り続ける。

そんな建築文化で、地域が続いていけばいいなあ。

(2010.10.09アップ)

posted by 依光晃一郎 at 00:00 | 高知 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 土佐瓦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

2010.09.28



夕方、よーへーとちくと飯。

(2010.10.09アップ)

posted by 依光晃一郎 at 00:00 | 高知 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする